ハイローオーストラリアのスプレッドをどこよりもくわしく説明します

FXを始める際、日本のFX業者の中で探そうとする人が多いかもしれません。

しかし、スプレッドの狭さやボーナスの手厚さなど日本のFX業者よりも海外のFX業者の方が何かと利便性が高いものです。

日本人の利用者を増やすために、日本語に対応したホームページを作る業者も目立ちます。

その中で今回ご紹介するのがハイローオーストラリア。

このハイローオーストラリアは厳密にはFX業者ではなく、バイナリーオプションの会社。

ハイローオーストラリアの詳細やハイローオーストラリアのスプレッドについて解説します。

ハイローオーストラリアとは

ハイローオーストラリアはバイナリーオプションが行える海外のサイトです。

バイナリーオプションは、30分後や1時間後に今の相場より高くなっているか安くなっているかを当て、当てれば配当を受け取れるというサービス。

2012年から運営を開始し、今年でサービス開始10周年を迎えます。

当初はオーストラリアの金融ライセンスでサービスを始めていたものの、日本の金融庁の要請もあったのか、程なくして日本人向けサービスが停止に。

その後、マーシャル諸島に場所を移して営業を続けています。

当時からその信頼度、安全性は高く、海外の業者の中では安心してトレードができるふょう者です。

資金の分別管理、賠償責任保険の加入など万が一への対応も進んでいる点も多くの顧客に支持される要素です。

<h2>ハイローオーストラリアにある4つの取引方法</h2>

ハイローオーストラリアのバイナリーオプションは、4つの取引方法で成り立っています。

その取引方法は、以下の4種類です。

・HighLow
・Highlowスプレッド
・Turbo
・Turboスプレッド

まずHighLowは、一般的なバイナリーオプション取引の1つで、現時点のレートから取引終了時点までレートが上がっているか下がっているかを予想します。

文字通りのHighLowなので初心者でもわかりやすく、人気を集める取引方法です。

このHighLowにスプレッド幅を咥えたのがHighLowスプレッド。

スプレッドを加えてレートが上がるか下がるかを予測します。

HighLowでは当たりだったのに、スプレッド幅を超えない程度だったのでハズレというケースも当然出てきます。

スプレッド幅を超えて上に行くか下に行くかを当てるのは難しいこともあり、倍率が高いのが特徴です。

次にTurboは、短時間用のHighLowと考えてください。

通常のHighLowは15分、1時間、1日で動き、これでも十分短時間に思えます。

しかし、Turboはそれよりも短く、最短30秒で決着。

どんなトレンドにあったとしても30秒の勝負では瞬間的な動きがすべて。

コインの表裏を当てるとまではいかないにしても、それに近い偶発性で左右されます。

Turboスプレッドは、スプレッド幅を上回って上がるか下がるかを当てます。

スプレッドの範囲内に収まれば負けなので、30秒でスプレッド幅を超えるかどうかが重要に。

ハイローオーストラリアのペイアウト率が最も高いのはTurboスプレッドですが、それも納得の難しさです。

ハイローオーストラリアのスプレッド


スプレッド幅が広ければ勝負になりません。

だからこそ、ハイローオーストラリアで勝負する際にはスプレッド幅が非常に重要なのです。

スプレッドは通貨ペアで変わります。

激しく値動きを見せる通貨ペアほどスプレッド幅が大きくなります。

目安としてのスプレッド幅はあるものの、相場次第で一気に広まることもあるため、絶対にこのスプレッド幅で取引が行われるという断言はできません。


他のバイナリーオプションで見られる引き分け、ドローが存在しません。

スプレッド幅の中で決まればドローのような扱いになり、プレイヤーの負けです。

どんな状況でスプレッド幅が広がるのかを理解する必要が出てきます。

ハイローオーストラリアのスプレッドはどこで広がる?

ハイローオーストラリアのスプレッドはどのように決まっていくのか。

結論から言えば、通貨ペアと取引時間で決まります。

先ほどもご紹介した通り、値動きが激しい通貨ペアほどスプレッド幅は広めに。

急速な円安が進む円とドルの通貨ペアのスプレッドは広め。

この場合は、大きく動きそうな段階に勝負を仕掛けないと確実に負けます。

特に世界情勢が混乱する時ほどスプレッド幅に変動が出やすく、注意が必要です。

<h2>スプレッドはどのように攻略すればいい?</h2>

スプレッド幅を超えるレートの動きをするかどうかを見極める方法が存在します。

それがテクニカル分析です。

チャートを活用してレートの動きを予測する方法で、テクニカル分析によって相場が一気に動く場所が見えます。

テクニカル分析を活用するだけで勝率を高めることが可能に。

もう1つは経済指標などを活用した方法。

日本の株価は、アメリカの経済指標によって生まれた値動きの影響を受けます。

例えばアメリカにとってネガティブな統計が出れば、スプレッド幅を大きく超える動きにつながるでしょう。

しかし、このような統計は普段から勉強を重ね、観察をしていればある程度は予測できます。

この日にこの経済指標が出るというのは決まっているので、ヤマを張って勝負に出るようなやり方もいいでしょう。

指標が外れれば自分のリサーチ不足であり、それが実力です。

ハイローオーストラリアでは転売も1つの手

ハイローオーストラリアの魅力は、転売という手段に出られる点です。

今は勝っているけど、あともう少しで負けてしまうかもしれない局面に出会ったとします。

転売は取引終了までに利益や損失の確定ができる方法です。

転売ができる分、微々たるものしかもらえないけれど確実に増やすことができ、減ってはしまうけどゼロにはならないという判断が行えます。

スプレッドを使った取引では、どうにもスプレッド幅を超えそうにない場面が出てきます。

勢いがない、このままでは負けると思えば転売をして損切り

もちろん、スプレッド幅に転落しそうだと不安に感じ、利益を確定させることもできます。

スプレッド取引は魅力ですが、その分、損切りや利益確定を考慮できる転売という手段もしっかりと検討しましょう。

まとめ

今回はハイローオーストラリアのこと、スプレッドについてご紹介しました。

大事なポイントは5点です。

・ハイローオーストラリアは安全性が高い
・スプレッドを使った取引の方がペイアウト率が高いが、勝ちにくい
・スプレッドは通貨ペアの取引量、取引時間、世界情勢で大きく変わる
・ハイローオーストラリアのスプレッド取引はテクニカル分析などを使う
・ハイローオーストラリアの転売は積極的に活用すべし

以上のポイントを踏まえ、ハイローオーストラリアで勝負をしていきましょう。

レートの上下を単純に当てることを心がけてください。

スプレッド幅に収まるかどうか以前に、レートの単純な上下で勝率が悪ければどんどん負けていきます。

ハイローオーストラリアにはデモ口座があって、そこでの取引も行えるのでまずはそこで練習しましょう。

 

FOFXのスプレッドをどこよりもくわしく説明します

安全性はあるけれど自由に取り引きをするには多少難がある国内のFX業者。

これに対し、安全性はしっかりと吟味する必要はあるものの、自由な取引ができる海外のFX業者。

近年は大きく儲けたい人が海外のFX業者を利用する傾向にあります。

その中で、ここ1年で急成長を遂げているのがFOFX。

2021年のサービス開始後、スプレッドを武器に成長を続けています。

今回はFOFXの中身やスプレッドについて解説します。

FOFXとは

FOFXは、2021年に誕生した海外FX業者です。

公式サイトはシンプルすぎる造りとあって、当初は不安を抱いたトレーダーも多かった様子。

しかし、出金報告があるなど、入金できたのに出金はできないという、詐欺的な展開は現状見られません。

取り扱い銘柄は外国為替や貴金属、仮想通貨と様々。

通貨ペアは77銘柄と他の海外のFX業者と比較してもかなり多く、貴金属やエネルギーの銘柄も多めです。

情報発信が少ないせいか、何かと疑われることが多いFOFX。

ここからはFOFXの特筆すべき点をご紹介していきます。

FOFXのここがスゴイ!

FOFXでは、世界初の取引システムとして、証券会社を介さずに売買できることを掲げています。

本来FXは証券会社を介して取引を行うため、中間で手数料などがかかってきます。

その点、証券会社を介さない分、手数料もかからず、このあと紹介するスプレッドの幅の狭さにつながります。

世界初の取引システムですから、当然日本のFX業者で導入しているところはありません。

この点はかなりFOFXが優れている部分と言えるでしょう。

他のFX業者と違い、FOFXでは豪華なキャンペーンはあまり実施されていません。

口座開設をするだけでいくらかもらえたり、入金額の数十%がボーナスでもらえたりするようなことは今後もないでしょう。

その分、このあと紹介するスプレッドなどにいい意味で反映されているので、最初にボーナスを受け取るか、長い目で得を目指すかの違いと言えます。

FOFXのレバレッジは?

日本だと最大25倍のレバレッジですが、FOFXではどうか。

888倍や1000倍とハイレバレッジにする業者が多い中、FOFXは200倍とやや控えめ。

日本の業者と比べれば明らかなハイレバレッジですが、海外の業者と比較するとかなり控えめといってもいいでしょう。

レバレッジが控えめなことは、決して悪いことではありません。

例えば、レバレッジが1000倍ぐらいのFX業者では、残高などに応じて自然とレバレッジが下げられるシステムが導入されます。

100万円を証拠金として1000倍のレバレッジをかければそれだけで10億円分のトレードが行えるため、レバレッジが下げられるのは自然です。

その分、レバレッジが最初から低ければ制約を課す必要がなくなります。

レバレッジが200倍だから大胆なトレードができないわけではなく、むしろ確実に200倍のレバレッジで取り引きができる可能性が出てくるというわけです。

ちなみにレバレッジは1倍から200倍まで選べますが、その種類は18種類。

1倍、2倍、3倍と用意されているので、まずは試しにトレードを行いたい人にとって良心的な設計になっています。

FOFXのスプレッドは?

FOFXにとって、一番の売りは、スプレッドの狭さにあります。

アメリカドルと日本円のスプレッドは、0.5pipsから0.7pipsとかなり低め。

一般的な海外FXと比べてもスプレッドは狭いので、頻繁に取引をする人ほどお得でしょう。

業者によってはアメリカドルと日本円のスプレッドを低くする代わり、他の通貨ドルで一気に引き上げるケースも。

その点、FOFXはどの通貨ペアでもさほど変わらず、低めに設定されているのが良心的でもあります。

FOFXを利用する際の注意点

FOFXを利用する際にはどのような注意点があるのか。

海外のFX業者は証拠金維持率を低めに設定し、ロスカットがなるべくかからないようにしています。

しかし、FOFXの場合はロスカット率は80%と高めで、ちょっとした値動きでロスカットにつながってしまう恐れがあり、痛い目を見る可能性も!

スプレッドではアドバンテージを握ったFOFXも、スワップポイントではやや苦戦しています。

素早く売り買いをしないと損をしやすい状況です。

スワップポイントでは海外のFX業者に勝てる日本のFX業者と比較すれば、その差は歴然。

スワップポイント狙いだと、結構な損になってしまうかもしれません。

また日本語対応の部分でやや後れをとっているFOFX。

メールでしかカスタマーサポートを受けられず、その受付時間は日本時間の午後1時から深夜まで。

サラリーマンなどが利用するにはいいかもしれませんが、若干遅めです。

その一方で、できるだけ速やかに返信をする動きも見られており、トレーダーを軽視しているとは言えません。

まだまだ整備が必要な部分があり、今後改善の余地がありそうな部分がいくつか見受けられます。

FOFXの入出金の選択肢はシンプルだが、わかりやすい

FOFXの入出金の選択肢ははっきり言って少なめです。

入金は仮想通貨、もしくは銀行からの振込み、出金は仮想通貨銀行口座への振込み、オンラインウォレットです。

クレジットカードを使った入金などができないため、利便性が高いかどうかは微妙なところ。

しかし、仮想通貨や銀行口座への振込み、オンラインウォレットなど、信頼性のあるところへつなげられるのは大きいです。

業者によっては、手数料をただただとろうとするケースが目立ち、使い勝手の悪いオンラインウォレットへ誘導するケースもあります。

FOFXの場合、出金に必要な日数は1営業日以内で、手数料も無料と良心的。

入金が即時ではない分、タイムラグがあるのは改善点ですが、出金の方が素早くできるという点ではプラスかもしれません。

FOFX使ってみた感想

まとめ

今回はFOFXとどのようなFX業者か、FOFXのスプレッドなどについて解説を行ってまいりました。

FOFXに関する大事なポイントは以下の5点です。

・FOFXは世界初の取引システムを活用している
レバレッジは他の業者と比べれば低めだが、レバレッジに関する制限は少なめ
スワップポイントではややマイナスが大きめ
・FOFXはまだ整備し切れていない部分もあり、今後の改善に注目
・FOFXの入出金の選択肢は少なめだが、どちらかといえばわかりやすい

以上のポイントを参考にして、FOFXでFXなどの取り引きを行っていきましょう。

FOFXは2021年に登場したばかりのFX業者。

実績という点ではまだまだ積み重ねていくべきものが多いため、恐る恐る利用しているトレーダーも多いかもしれません。

いきなりレバレッジ200倍でやるのではなく、小さな倍率で初めて様子を見るのがいいでしょう。

ホームページを含めてシンプルさが目立ちますが、その分スプレッドは狭め。

他の業者とのスプレッドやレバレッジの違いなどを見極めながら、FOFXでの取り引きを検討してみてはいかがでしょうか。

 

ForexBzのスプレッドをどこよりもくわしく説明します

日本のFX業者は色々と制約があって、自由に取引ができないと嘆く方もいるのではないでしょうか。

 

自由に取引をしたい方にとっておすすめなのが海外のFX業者。

 

中でも、ForexBzはここ最近豪華なキャンペーンが話題を集める海外のFX業者です。

 

ForexBzとはどのような業者か、スプレッドはどのようになっているのか、詳しく解説します。

 

ForexBzとは

 

ForexBzは最近になって活動を始めた海外のFX業者です。

 

これまでForexBzという企業名はほとんど聞かれず、名前が出始めたのは2022年3月から。

 

口座開設のボーナスとして証拠金100ドル、入金額に対して100%のボーナスが用意され、かなり豪華な特典がつけられました。

 

何もしないで1万円ももらえれば誰でも食いつくのが世の常。

 

おそらく大勢の人が口座開設に殺到した結果、2022年4月の時点でキャンペーンは終了してしまいました。

 

海外のFX業者の中では新興勢力であり、今後が注目されるForexBz。

 

ここから先は、ForexBzの特徴について解説します。

 

ForexBzのここがすごい!

 

ForexBzでは他の海外FX業者同様、ゼロカットシステムを採用しています。

 

ゼロカットシステムは、ハイレバレッジで証拠金以上の負債が生じた場合に追証なしで済み、赤字を最小限に抑えられるシステム。

 

海外はどの業者もゼロカットシステムを採用していますが、ForexBzもその例に漏れません。

 

ForexBzのホームページは日本語に対応し、日本人のスタッフも常駐していることが明らかになっています。

 

加えて、入出金も素早く対応し、日本からの振込での入金、仮想通貨での入金にも対応しているとのこと。

 

キャンペーンの充実ぶりは目を見張るものがあり、短期間で終了こそしたものの、今後復活した場合はかなり狙い目です。

 

レバレッジはなんと1000倍

 

海外のFX業者を利用する醍醐味はなんといってもレバレッジの高さにあります。

 

日本であれば25倍が精一杯。

 

その点、海外のFX業者は100倍、200倍とケタが違います。

 

さらにケタが違うのがForexBz。

 

なんと最大レバレッジは1000倍です。

 

もし1万円を証拠金としたら、1000万円分の通貨を動かすことができる計算です。

 

1ドルでも動けば10万円が動くとあって、少しの変動に手に汗握る状況を生み出します。

 

キャンペーン当初にもらえた1万円分の証拠金はトレードに使うこともできました。

 

ですので、1000倍のレバレッジをフル活用して儲けを出した人は多かったかもしれません。

 

ForexBzのスプレッドは?

 

海外のFX業者におけるスプレッドは1pipsを切るところもあれば2pipsまでとっているところもあり、かなりバラバラです。

 

その中でForexBzのスプレッドですが、アメリカドルと日本円のスプレッドは1.7pipsから2.1pipsに設定されています。

 

他の業者からすると平均よりもスプレッドがやや高い状態です。

 

しかし、ユーロ、カナダドルオーストラリアドルなどは低めに抑えられており、実質的にスプレッドが割高に設定されているのはアメリカドルと日本円ぐらいです。

 

新興勢力でまだまだ発展途上のForexBzですが、そのスプレッドは結構安定しています。

 

スプレッドは時に広さが出てしまい、結構な幅が出ることもある中で、安定しているのが特徴的でした。

 

アメリカドルと日本円以外のトレードであれば、よりお得な印象を受けられるかもしれません。

 

ForexBzを利用する際の注意点

 

ForexBzではいくつかの注意点があります。

 

まずはForexBzのスワップポイントについて。

 

ForexBzのスワップポイントはかなり高めに設定されており、買いポジションであれば他よりも結構高いスワップポイントをゲットできます。

 

このスワップポイントは国内のFX業者が強みにしている部分であり、現状でも高めに設定されています。

 

ForexBzの場合、国内の業者以上にスワップポイントが高いため、かなり魅力的な要素です。

 

一方で売りポジションになると逆にスワップポイントを支払うハメに。

 

塩漬けにすることなく、明快にトレードを行わないと大損になってしまう恐れもあるので、注意が必要です。

 

他には、一番売買が活発化しやすいアメリカでの統計発表のタイミング、中央銀行の介入だけで取引を行っていく行為は、悪質な取引とみなされる可能性が。

 

この場合はペナルティの対象となり、最悪利益の没収まで想定できます。

 

また大口で取引をする際にはサポートへの事前連絡が必要など、新興勢力ならではの制約が生じています。

 

極端なことをすればペナルティの対象になりやすいけれど、普通に利用する分には何ら問題がないという考え方でいいでしょう。

 

ボーナスは消えやすいので要注意

 

ForexBzはド派手なキャンペーンで話題を集めましたが、当然すべて大盤振る舞いというわけではありません。

 

当初行われた1万円分のサービスや、入金ボーナスにおいて色々と制約がありました。

 

例えば、1万円のボーナスでは未入金ではレバレッジが200倍に制限され、利益の出金上限も200ドルに、手数料も50ドル生じるという制約です。

 

入金してくれる分には自由だけど、入金しないのであればそれなりの制約を課すという明確なルールが設けられています。

 

しかも、少しでも出金すればせっかくのボーナスがすべて消えるのが難点。

 

一方で200ドル以上の利益は、入金しなかった場合に関して書庫金としての活用ができます。

 

入金さえしてしまえば50ドルの免除などもあるので、思わぬ利益が生じた場合に検討するといった具合でいいかもしれません。

 

仮想通貨での入出金がいい理由

 

ForexBzでは、入出金方法がやや複雑で、入金はしやすいけど出金はしにくい状態になっており、まだまだ整備が必要です。

 

せっかくの儲けが手数料などで丸々受け取れない可能性まであります。

 

そこでForexBzを利用する際には仮想通貨がおすすめです。

 

ビットコインイーサリアムに対応しており、出金に最大1営業日かかる程度にとどまっています。

 

もちろん利用者の増え方によっては流れは変わるかもしれません。

 

手数料も多少かかりますが、すぐに出金できるのはビットコインイーサリアムの仮想通貨。

 

検討の価値は十分にあるでしょう。

ForexBz使った人の感想

まとめ

 

今回はForexBzのこと、スプレッドについてご紹介してきました。

 

ForexBzに関する大事なポイントは以下の5点です。

 

・ForexBzはキャンペーンが充実している

・特定の通貨ペアではスプレッドが高めだが、全体的に見れば安め

・買いポジションでのスワップポイントは日本の業者よりも上

・ForexBzはできて間もないため、整備し切れていない部分もある

・ForexBzの入出金は現状仮想通貨がおすすめ

 

以上のポイントを踏まえ、ForexBzでFXの取り引きをしていきましょう。

 

ForexBzは発展途上のFX業者であり、実績がほとんどないために、警戒している人も少なくありません。

 

これ自体は仕方ないことですが、まずは少額から始めてみるのがおすすめです。

 

万が一トラブルになっても、少額であれば、ダメージは最小限に食い止められます。

 

他の業者との比較検討や口コミなども調べつつ、ForexBzに触れていきましょう。

 

ザオプションのスプレッドをどこよりもくわしく説明します

レートが上がるか下がるか、単純な勝ち負けがはっきりと出るため、初心者にも分かりやすいバイナリーオプション取引。

 

日本にもバイナリーオプション取引ができる業者がありますが、近年は海外のバイナリーオプション業者で取引を行う人も。

 

海外のバイナリーオプション業者の中で有名なのがザオプションです。

 

ザオプションの特徴やザオプションのスプレッドについて詳しく解説します。

 

ザオプションとは

 

ザオプションはマーシャル諸島の運営会社が展開するバイナリーオプションのサービスです。

 

ザオプションは2017年にサービスを始め、エストニアで金融ライセンスを取得しています。

 

ボーナスなど特典が多いのが特徴的で、初回入金ボーナスや一定入金ボーナスなどがあります。

 

一定入金ボーナスは勝ち負けに関係なく、一定の入金額と一定の取引額を達成すれば受け取れます。

 

ボーナス狙いではなくても常に勝ち続けていれば思わぬボーナスが受け取れるかもしれません。

 

ボーナスの豊富さで人気を集めるザオプションですが、バイナリーオプションの取引でも魅力的な一面を持ち合わせます。

 

ザオプションにある2つの取引方法

 

ザオプションのバイナリーオプションは、2つの取引方法で成り立っています。

 

その取引方法は、以下の4種類です。

 

・スプレッドなし取引

・スプレッド取引

 

ザオプションでは、スプレッドなしのHigh&Lowを当てる取引、スプレッドありでHigh&Lowを当てる取引の2つがあります。

 

スプレッドなしの取引では最長23時間、最短1分で勝負がつきます。

 

一方、スプレッド取引は最長1時間、最短わずか30秒で決着がつくので短期決戦向きです。

 

スプレッドなし取引の場合、ペイアウト率は多少変化しますが、スプレッドありの取引では一律2倍に。

 

これは30秒での勝負だろうと1時間の勝負だろうと同じです。

 

長ければ長いほど値動きはそれなりに動くので、スプレッド幅を超えた勝負になりやすく、予測がしやすいです。

 

一方、バイナリーオプションにはドローという概念があります。

 

偶然にも基準となるレートと判定時間で計測したレートが全く同じの時、ドローという結果が。

 

厳密にはドローではなく、ザオプションではアット・ザ・マネーと称しています。

 

一般的なHigh&Lowを当てる時だけ返金があり、短期取引やスプレッド取引ではありません。

 

このあたりがスプレッドあり、スプレッドなし、それぞれの違いとなります。

 

ザオプションのスプレッド

 

バイナリーオプション取引におけるスプレッドは、業者によって状況が異なるものです。

 

例えば、ハイローオーストラリアでは取引時間や取引量によってスプレッドが変動します。

 

あまりにも変動するため、なかなか勝負に出にくいという声も。

 

その点、ザオプションはスプレッド幅が事前に決まっており、予測しやすいのがポイントです。

 

ザオプションのスプレッド幅は明快。

 

最少は30秒の0.1pipsで、最大は1時間の0.5pipsです。

 

考え方としては終了までの時間が長ければ長いほどスプレッド幅が広くなるという認識でいいでしょう。

 

0.1~0.5pipsのスプレッド幅を超えてレートが上がるのか、それとも下がるのかを予想するのが、ザオプションのスプレッドあり取引。

 

ペイアウト率は一律2倍に設定されていますが、難易度を考えれば妥当なラインと言えるでしょう。

 

ザオプションのスプレッド取引の狙い目は?

 

ザオプションのスプレッド幅は固定であることが明らかになっています。

 

これが意味することは、激しく値動きする時間ならば勝ち負けがはっきりとしやすいことです。

 

ハイローオーストラリアでは時間帯や取引量に応じてスプレッド幅が変化するとご紹介しました。

 

それだけ値動きが激しく、どちらかに配当をしなければいけない可能性が高まります。

 

その点、ザオプションはスプレッド幅が固定な分、為替市場の開始時間や終了時間、統計などの発表で一気に動いた際に勝ち負けがはっきりしやすいのです。

 

経済指標の場合は予測値が事前に出てくるため、これでおおよその動きが見えます。

 

時に市場にとって予想外の数字が出て混乱することもありますが、総じて織り込み済みの反応になりやすいです。

 

スプレッドはどのように攻略すればいい?

 

ザオプションの場合は、スプレッド幅が決まっている分、狙い時を作りやすいのが特徴的です。

 

それでもスプレッド幅をしっかりと超えるかどうかの確認はするべきでしょう。

 

その際に役に立つ道具、ツールがあります。

 

まずはテクニカル分析です。

 

移動平均線やRSIなどのテクニカル分析を行うと、上昇と下落のトレンドがはっきりと分かります。

 

あとはそのトレンドに応じて勝負をすれば勝ちやすくなります。

 

倍率1.8倍だった場合、10回やって6回勝てばプラス。

 

この6回を当てるには、テクニカル分析の活用が欠かせません。

 

この倍率はスプレッドなしの取引ですが、倍率2倍のスプレッドあり取引では5回勝ってもプラマイゼロ。

 

やはり6回勝たないとプラスにはなりません。

 

スプレッド幅が固定されているザオプションの場合、より経済指標などの存在が重要です。

 

経済指標が出るタイミングは基本的に決まっており、多くのトレーダーが情報解禁に注目します。

 

アメリカで経済指標が発表された場合、日本では一気に株が売られたり、円安に振れたりして騒ぎに。

 

この混乱がハイローオーストラリアのような業者だとスプレッド幅を大きくさせます。

 

スプレッド幅が固定されているからこそ、経済指標などの存在は大きく、これを活用しない手はありません。

 

ザオプションの転売について

 

ザオプションには転売機能が用意されています。

 

勝ち負けを判定するタイミングよりも前に、利益や損失を確定させるのが転売です。

 

普通、バイナリーオプションでは5分なら5分、15分なら15分待って決着をつけますが、当たれば倍、外れればゼロ。

 

転売機能があれば、明らかに敗色濃厚でも転売によってゼロを避けられます。

 

このまま行けば当たりでも、急にニュースが飛び込んで情勢が混沌としてきた時もあるでしょう。

 

そんな時も転売で利確することでわずかでもプラスにできます。

 

転売の締め切りギリギリに転売を決断しても約定されないこともあり、転売はある程度戦略的に行うべき方法です。

 

例えば転売によって1.1倍を得ても、10回同じことをしてようやく倍になります。

 

これがハイローオーストラリアのようなスプレッド幅であれば転売という手は悪くありません。

 

スプレッド幅の範囲に入れば負けてしまうので、負けるかもしれないという懸念が生じれば利確に走るのは賢い手です。

 

ただザオプションだとハイローオーストラリアほど転売に頼る必要はないでしょう。

 

テクニカル分析などは勝率を高めるために存在するので、転売ありきだと効率が悪くなるので、緊急的に使うのがおすすめです。

 

まとめ

 

今回はザオプションのこと、スプレッドについて詳しくご紹介しました。

 

大事なポイントは5点です。

 

・ザオプションは金融ライセンスを得ているので安全性が高い

・ザオプションのスプレッド幅は比較的安定している

・スプレッド幅が定まりやすい分、経済指標が出るタイミングを狙い撃ちしやすい

・ザオプションではテクニカル分析などを使って勝率6割を目指すべし

・ザオプションの転売機能は緊急時に限定すべし

 

以上のポイントを踏まえ、ザオプションで儲けを出していきましょう。

 

まずは一般的なスプレッドなしの取引を行って、勝負勘を養っていくことをおすすめします。

 

ボーナスの活用など、お得なキャンペーンを積極的に活用し、ペイアウト以外のところで儲けを出すのも大事な戦略です。

 

ザオプションではデモトレードが行えるので、実際にスプレッド幅などを確かめつつ、準備が整い次第、勝負を仕掛けましょう。

VirtueForexのスプレッドをどこよりもくわしく説明します

2020年より日本への本格的な進出をした海外FX業者であるVirtueForex(ヴァーチュフォレックス)のご紹介をいたします。

 

結論、VirtueForexのご利用はおススメしません。

 

金融ライセンスが未取得であったり、日本語サポートも充実していない点や、トレード環境に関しても信頼性に欠ける部分が多くあります。

 

そういった点から、わざわざVirtueForexを選ぶ必要がありません。

 

海外FXを選ぶなら、スプレッドが狭くて優良な会社にしましょう。

 

こちらのサイトのランキングが参考になります。

→海外FXのスプレッドに特化したサイト【海外FXスプレッド比較プロ】

 

ただ、VirtueForexがどんな特徴をもつ海外FX業者なのかを知っておくことで、他に同じような海外FX業者が日本に進出した際にトラブルに巻き込まれることを防ぐことができるかもしれません。

 

是非最後までお読みください。

 

VirtueForexとは

VirtueForexは2013年に創業され、2020年より日本に本格的に進出した海外FX業者です。

 

法人登録はパナマ共和国になっていますが、前記のとおり金融ライセンスは未取得となっています。

 

運営資金とユーザー資金は、分けて管理される分別管理が導入されていますが、信託保全制度は導入されていないため、万が一VirtueForexが倒産した場合は資金が全額戻ってくることはないでしょう。

 

レバレッジ500倍でのトレードが可能ですが、提供されているロスカット率は100%とされているため、多くの証拠金を預ける必要があります。

 

大手海外FX業者がロスカット率20%を提供していることから、比べると使い勝手の悪さに目がいきますね。

 

日本語サポートについても、公式HPには24時間365日対応との記載がありますが、実際の問い合わせ方法はメールのみとなっています。

 

加えて、メール問い合わせの返答は平日のみとなっており、とても満足のいくサポート体制とはいえませんね。

 

また、実際に利用したユーザーからの口コミは、悪い評価が目立ちます。

 

中には出金ができないとの声もあるため、資金の移動には注意が必要です。

 

VirtueForexのスプレッドは広い?狭い?

VirtueForexのスプレッドに関しては、公式HPにドル円最小スプレッド0.9pipsと表記されています。

 

一見狭いスプレッドで提供がされているように見えますが、その他の通貨ペアに関しては正確なスプレッドが公表されていません。

 

公式HPには、スプレッドと思わしき数値が通貨ペアの横に表記されていますが、スプレッドの数値であると明記はされていません。

 

こうした表記の仕方は、ユーザーに勘違いをさせるためのような意図があるように感じられます。

 

実際にVirtueForexを利用しているユーザーからは、ドル円のスプレッドも2〜3pips開くという声もあります。



VirtueForexはこんな方におすすめ

上記で説明したとおり、正直おススメできる海外FX業者ではありません。

 

ただ、入金ボーナスや頻繁に開催されるキャンペーンを利用したトレードがしたい方は少額でトレードをしても良いかもしれません。

 

それと、VirtueForexは約定力の高さを売りにしているため、ある程度資金がある方は約定力の高いハイレバレッジトレードをしたいときに利用できるかもしれません。

 

前記のとおり出金に関して注意はしなければなりませんが。

 

まとめ

今回はVirtueForexについてのご紹介をいたしましたが、わざわざ選んで使う必要はないです。

 

これから体制が変わっていけば、まだ利用できるレベルになるかとは思いますが、安心安全性を求めるならば、大手海外FX業者を利用するに越したことはないでしょう。

 



レバレッジ5倍とは?メリット・デメリット、危険性についても説明します

FXの取引において、レバレッジの存在は利益を生み出す上で欠かせないもの。

国内FXなら最大25倍ですが、海外なら無制限とあって海外FX業者を利用する日本人多くいます。

一方で、ハイレバレッジの危険性も指摘されており、初心者がいきなり高い倍率で勝負するのは大変。

そこでFX初心者が検討していくべきなのがレバレッジ5倍!

レバレッジ5倍のメリット・デメリット、危険性などを解説します。

そもそもなぜレバレッジは必要なのか

そもそもレバレッジはFX取引において必要なのかという考えがあります。

単刀直入に開設すると、もしレバレッジがなければ利益を増やすのに苦労すると言わざるを得ません。

たとえば、1ドル100円で1万円分のドル100ドルを購入。

105円になれば1万500円となり、そこで売って、再び1ドル100円で買えば105ドルに。

何度も同じことを繰り返すのであれば、200ドルにさせるには15回以上繰り返さないといけません。

株式市場であれば5%ほどの動きはどこかしらで発生しますが、為替相場で5%ほどの値が動くことはそう何回もありません。

レバレッジ1倍の場合、元手を倍にするのに相当な時間とかなりの高勝率が求められます。

何倍にもできるのならば、倍にするために必要な時間は倍率に反比例するように減るでしょう。

高いレバレッジを多くのトレーダーが求めるのは、短期間で儲けたい、短期決戦で増やしたい気持ちの表れです。

レバレッジ5倍のメリット

レバレッジ5倍のメリットの1つ目、まず本来の利益が5倍になることが挙げられます。

元手が1万円であれば、1ドル100円の時に100ドルを購入できます。

1円分円安になったら、1ドル101円になるので、そこで売れば1万100円に。

もしレバレッジ5倍なら元手1万円分で500ドル購入ができます。

1ドル101円になれば、500円プラスに!

レバレッジが10倍なら1,000円。

100倍なら10,000円。

1000倍なら100,000円!


資金1万円でレバレッジ100倍で1円分円安になっただけで元手と同じ利益をあっさり手にできます。

だったら、レバレッジが高ければ高いほどいいのでは?と疑問に思うはず。

しかし、利益が10倍、100倍になるということは、損失もふくらみます。

近年、日本の長期金利アメリカの長期金利の差が開きつつあり、その影響で円安が急加速し、2002年以来の円安水準に。

世界情勢の悪化もあって、急な動きで相場が動きやすく、1円、2円の変化は簡単に発生します。

つまり、ちょっと目を離した隙に大損をする可能性も十分考えられます。

レバレッジ5倍であれば、利益もマイルドですが、損失もマイルドに。

レバレッジ100倍だったら1円の動きであっさり証拠金を失うところ、レバレッジ5倍なら返上可能!

レバレッジが高いと少しの動きで証拠金がなくなり、強制ロスカットになる恐れも。

レバレッジ5倍なら強制ロスカットの可能性を低くできます。

長く勝負ができるという点でもレバレッジ5倍のメリットは結構大きいです。

レバレッジ5倍のデメリット

レバレッジ5倍のデメリットとして、損失の問題が出てきます。

レバレッジ100倍に比べれば5倍の方がマイルドになるとメリットのところでご紹介しましたが、やはり損失が5倍になることは覚悟すべきことです。

思い切って1万ドル購入した場合、レバレッジ1倍なら1ドル円高に振れることで1万円の損失となります。

レバレッジ5倍ならそれが5倍、5万円の損失です。

1万円の損失で済むところが5万円まで膨れてしまうのは、十分なデメリットです。

そして、レバレッジを低くするためには、自己資金をそれなりに用意しなければならなくなります。

レバレッジ100倍なら1万円を証拠金にするだけで100万円まで一気に増やせますが、レバレッジ5倍だと20万円が必要。

最初から自己資金を多く用意しないといけないため、始めるハードルが高くなります。

またレバレッジ5倍だと利益が5倍になるものの、そこまで利益幅は広がりません。

100円が500円になるのと、100円が1,000円、10,000円、100,000円になるのでは大きな違いです。

レバレッジ5倍だとコツコツ積み重ねていかないといけないので、勝ちをそれだけ重ねなければならず、常勝の立ち回りが求められます。

レバレッジ5倍は本当に危険なのか

レバレッジ5倍は果たして危険なのか。

結論から申し上げますと、レバレッジ5倍は安全であり、危険ではありません。

レバレッジにおける最大の敵は強制ロスカット

相場は一時的に下がっても、すぐに回復するはずだと信じていたとしても、業者はそれを認めません。

ロスカットラインに少しでも達した時点で、その段階で強制的に売られてしまいます。

ハイレバレッジの恐怖は、ちょっとの値動きでロスカットラインに達してしまい、思わぬ大損をしてしまうこと。

海外のFX業者のようにゼロカットシステムがあって、追証なしで済むならいいですが、日本の業者にはそれがありません。

レバレッジを下げれば、ロスカットになる可能性はそれだけ減ります。

一時的に下がってもすぐに復活し、力強く上昇するはずだという願いは、レバレッジ5倍ならロスカットの邪魔なく成立するかもしれません。

レバレッジ5倍なら業者は日本か海外か

力の海外ハイレバレッジが魅FX業者、日本語対応が万全で安心感がある日本のFX業者、レバレッジ5倍に挑戦したいならどちらがメリットがあるのでしょうか。

実際のところ、日本の業者にも海外の業者にもそれぞれ良さがあり、一概にどちらと決めることはできません。

近年、日本ではTポイントなどでFXの運用ができるようになっています。

様々な入金方法、出金方法があるため、気軽にFXができる点を重要視すれば、日本の業者がいいでしょう。

一方で海外FXは入出金で難儀する場面もありますが、自由な取引ができハイレバレッジがあります。

最初は5倍で勝負し、慣れたら100倍、200倍という勝負も可能です。

海外の業者はゼロカットシステムを採用しており、証拠金以上の損失が出ません。

借金を背負う心配がないのです。

気軽さをとるか、自由や儲けをとるか、そこで判断が分かれるでしょう。

初心者はレバレッジ5倍で始めるべきか

FX初心者はレバレッジ5倍で始めるべきかどうか。

まずFX初心者は取引を行う前に、デモ口座を使ったデモトレードで実践することをおすすめします。

ここでレバレッジ5倍、レバレッジ25倍、レバレッジ1倍を体験してみて、利益の出方、損失の出方を学びましょう。

レバレッジ5倍で始めるべきかどうかがなんとなく分かるはずです。

段階的に上げていく方法も当然あります。

一番注意しないといけないのは、高いレバレッジを使う時!

国内FXならフルレバ25倍なので、いきなり25倍でスタートするのは危険。

攻めつつ守りつつを考えると、初心者がレバレッジ5倍に手を出すのはギリギリのラインでしょう。

レバレッジ5倍をやった人

まとめ

今回はレバレッジ5倍のメリット・デメリットなどについて解説を行いました。

レバレッジ5倍のポイントは以下の5点!

・元手を増やすためにレバレッジは必要
レバレッジ5倍なら利益も損失もマイルドに
レバレッジ5倍は強制ロスカットの心配が少ない
・デモ口座でデモトレードを行い、1倍や5倍、25倍などで体感すべし
・FX初心者がレバレッジ5倍に手を出すのはギリギリのライン

以上のポイントを参考にして、レバレッジ5倍の取り引きを行っていきましょう。

レバレッジ5倍に慣れて、利益や損失の状況が分かれば、もう少しいけそうとか、これが身の丈に合っているというのがわかります。

レバレッジ5倍以上は強制ロスカット追証なども視野に入れなければなりません。

その場合は海外FX業者も視野に入れていきましょう。

レバレッジ5倍は、FXが自分に向いているかどうかを確かめる上でいい試金石になります。